プロフィール

JapaReaママ

Author:JapaReaママ
長男次男に心も体も時間ももっと費やしたくて2012年6月末に約20年のサラリーマン生活に終止符。一生勉強一生青春がモットー。心配性で慎重派、だけどおっちょこちょい。もっと片付け上手で可愛いママになりたい。

★パパ→夫

★長男・次男→長男10才、次男7才

★じーじ・ばーば→ママの両親
★アボニム・オモニム→パパの父・母


カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長男次男のファミリーネームに関する前回記事の続き。こんな対応になりました

長男→姓SATO(KIM) 名CHONAN
次男→姓SATO(KIM) 名JINAN

どこでどう変更したのか? 旅券事務所で日本のパスポートの英語名表記の変更です。
ちょうど1ヵ月前、2月21日に変更完了。 追記ページにスタンプで名前変更のことが記されました。結婚して姓が変わってたら私もこうしてたんだ・・・

事前に聞きに行った時、この訂正システムがあるのは今年の3月19日までと。
それ以後はパスポートを作り変えない限り変更できないというので、急いで戸籍謄本を取りに行きました。申請書以外の必要資料は戸籍謄本とパパのパスポート。代理申請だったのでママの身分証。
 
スクールにはパスポート表記と同じ名前を登録することになっているので
英語式で Chonan Sato(Kim) 、Jinan Sato(Kim) と早速変更届け。スクールから届く郵便物には既に反映されてる。

こういうことができると知ったのは「在アメリカ合衆国日本国大使館」 のホームページで。
国際結婚や重国籍等の理由で、戸籍に記載されていない外国式氏名を、渡航上の便宜のためパスポート上に記載することを希望する場合 の方法を見つけました。

これで長男次男が自分の名前を名乗る時 世界中どこでも同じにする根拠ができた。
気になる点は、ただ1ヵ国、韓国を除くことと、(  )付きのこと。 韓国でも同じに称する根拠として日本のパスポートで入国するなら解決なんだけど。。。

でもせっかく韓国のパスポート作るし。
そう、長男次男の韓国のパスポート申請中。
しらーっとSATO KIM を併記、しかも日本の姓SATO を(  )にして書類出したんですが、修正テープでSATO は消されてしまった。ジャパリアパパも頑張って話してましたが、韓国ではそういう対応していないと受け入れてもらえず、却下された。

なので世界共通の方法ではないようです。

ところで何で今になって韓国のパスポート作るのか?
だって今まで日本のパスポートで韓国に行ってたじゃない? 韓国は日本のパスポートで90日までならノービザだから何の不自由もないんですよね。
でも、
●このまま法律が変わらなかったら、将来国籍選択をする。韓国籍を持っていたという証しを残しておきたいと思うようになった (ジャパリアママは長男次男が日本国籍取得を前提にしてる)
「国際結婚を考える会」のホームページで、出入国する国の国籍がある場合、その国のパスポートで出入国することが国際的な原則になっている(根拠1930年ハーグ条約) を知った
●スクールの二重国籍の同級生に聞くと、ほとんど皆パパの国とママの国のパスポートを持っている

ということから韓国パスポート取得申請する決心に至りました。

・・・というわけで、長男次男のファミリーネームの件は一次対応。 まだこれで完了じゃない。でも、まっ、いっかー。この先、法律も色々変わっていくでしょう

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ワタモスさま

ありがとうございます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。